Ugateのマーク-便宜上の名称[役に立つ(Useful) 効果的な(effect) アプリケーション(application)ツール(tool)を提供(give)]
≪ リボンUIで使用する方法の説明 ≫


はじめに

Office の2007からグラフィカルユーザーインターフェイス(以降、GUIと称す)が、それ以前まで使っていた、
  • メニュー
  • ツールバー
  • 作業ウィンドウ
およびダイアログボックス等からリボンと言うユーザーインターフェイス(以降、リボンUIと称す)に変更となりました。

Ugateで公開しているアプリケーション(ソフト)&ツールで、Office(Excel)を使って提供して物の中で、
  • 工程名人(バーチャート工程表)
  • 工程名人(バーチャート工程表・日数版)
  • 勤務表名人
  • 書類作成名人(土建版)(ベータ版)
  • 勤務表名人(自動展開版)
  • 鉄筋名人(加工明細書版)
  • 鉄筋名人(切寸集計版タイプ2)
  • 工程名人(バーチャート工程表・汎用版)
これらは、コマンドバーを使っているためにそのままでは使えなくなりました。
Office2013で「鉄筋名人(切寸集計版タイプ2)」を例に使う方法を紹介します。
全ての動作が上手く行くかは各ユーザーが使用して判断してください。


表示の違い

Office2007以前のExcelの場合は、下記図の様に[フレーム入力]~[終了]のコマンドバーが表示されていましたが office2007以前
下記図の様にリボンUIのOffice2013のExcelでは表示されなくなってます。 office2013の例

マクロの有効方法

オンライン・ヘルプの説明にある、マクロを有効にする方法も異なります。
下記図の様に、
「セキュリティの警告 マクロが無効化されました。 [コンテンツの有効化]」
というアラートが表示されますので、[コンテンツの有効化]をクリックすることでマクロが有効化され、取り敢えずマクロの処理が使えるようになります。
Excel2013でのマクロの有効化の操作
正常にマクロが有効化されると下記図の様に「登録確認」のダイアログが表示されます。 正常にマクロが有効化された場合

コマンドバーを使えるようにする

下記図のような上に表示されているタブの一覧(数式~チーム)の中で[アドイン]を使用することで、 タブのアドイン
下記図の様に「ユーザー設定のツールバー」として上に「コマンドバー」が表示されて使えるようになります。 コマンドバーが表示された状態
またコマンドバーのサブメニューも正常に表示され全て以前の様に使えます。 サブメニューが表示された例